コンテンツにジャンプ
埼玉県共助のポータルサイトです

お知らせ

地域医療ネットワークシステム「とねっと」ご利用停止期間のお知らせ

平成30年4月1日から、「とねっと」が利用者の皆様にとって、より使いやすく、診療に役立つ有益なシステムへ生まれ変わります。

新システムへの切替作業を行いますので、下記期間において、ご利用ができません。

ご利用者様には、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

また、4月1日から健康記録のURLが変更になりますので、ご注意ください。

ご利用停止期間
平成30年3月26日(月曜)17:00~平成30年3月31日(土曜)23:59
新URL
http://www.tonet.phrdb.jp/

「地域医療ネットワークシンポジウム」が開催されます

1 開催目的

地域医療ネットワークシステム「とねっと」の普及を図り、もって、地域が一体となって当地域の医療を守り、育てていく機運を醸成する。

2 概要

  1. 実施主体 主催:埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会/ 共催:埼玉県
  2. 日時 平成30年2月24日(土曜) 13:30~15:50 (開場13:00)
  3. 会場 カルスタすぎと(生涯学習センター・町立図書館)定員約300名
  4. 対象者 地域住民及び医療関係者等
  5. 事業内容 【第1部】基調講演 【第2部】パネルディスカッション

3 プログラム

13:30
開演 司会 中野 智紀 氏 (ジャパンメディカルアライアンス東埼玉総合病院)
あいさつ:会長(主催)、埼玉県(共催)、厚労省、杉戸町長(地元首長)、県議代表(来賓)
登壇者紹介:医師会長、作業部会長、県議(紹介のみの方)
13:50
第1部 基調講演(40分)
テーマ:「動けなくなったら、どうしますか?」 -将来の不安の解消に向けて-
講師: 東埼玉総合病院院長(ITネットワーク部会長) 三島秀康 氏
14:30
休憩(10分)
14:40
第2部 パネルディスカッション(60分)
テーマ:
暮らしを守る地域包括ケアと「とねっと」の役割
コーディネーター:伊関 友伸 氏 (城西大学経営学部教授)
パネリスト:
会長(加須市長大橋良一氏)
東埼玉総合病院院長(ITネットワーク部会長) 三島秀康 氏
厚生労働省医政局 研究開発振興課 医療情報企画調整官 森田博通 氏
山根医院理事長 山根克己 氏
救急隊(埼玉東部消防組合:杉戸消防署救急隊長) 救急救命士 黒沢昭吾 氏
利用者(杉戸町民) 仁部真由美 氏
15:40
質疑応答(10分)
15:50
閉会

「とねっと」参加者が3万人を突破いたしました。

とねっと参加状況

住民・患者 11月30日現在  ( )内 10月31日現在
市・町参加同意者カード発行者
行田市917 (914)917 (914)
加須市13,255 (13,202)13,255 (13,201)
羽生市1,735 (1,677)1,735 (1,677)
久喜市5,075 (5,064)5,074 (5,060)
蓮田市445 (444)445 (444)
幸手市3,256 (3,228)3,256 (3,228)
白岡市289 (288)289 (288)
宮代町1,589 (1,575)1,589 (1,575)
杉戸町3,594 (3,567)3,593 (3,565)
合計30,155 (29,959)30,153 (29,952)

目標(医療圏内:利根計画) 50,000人(7.7%) (H29.4.1人口 652,042人)

かかりつけ医カードの発送状況について

同意書を受領し、確認手続完了後、順次発送しております。

お手元に届くまで、お待ちください。(約2週間かかります)

同意書記入内容について

同意書内の任意項目は、救急時に利用される内容となっておりますので、できるだけご記入くださるようお願いいたします。

ヘルプデスク終了について(医療機関あて)

日頃、当協議会の運営につきまして、格別の御協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、これまで「とねっと」システムの操作で不明な点などについて、ご質問を受けておりました「NTTデータヘルプデスク」については、平成29年3月31日をもって終了させていただくことといたしました。

これまで、ヘルプデスクを通じて、問い合わせに応じて参りましたが、問合せ件数が、最近では月に1件から2件程度まで減少して来ております。

このため、平成29年度は、ヘルプデスクを置かないこととし、事務局が窓口となり、NTTデータと連携して、皆様のお問合せに対応することとさせて頂きます。

何卒よろしくご理解の上、お願い申し上げます。

なお、平成30年度からは、先生方にとって「より使いやすいシステム」を基本として、システム更新を予定しておりますので、引き続きご理解ご協力を、重ねてお願い申し上げます。